ホワイトニングで痛みが出やすい人

虫歯がある人や虫歯の治療をしたことがある人は、ホワイトニングで痛みが出やすくなります。
虫歯によって、ペリクル層から象牙質や神経に浸透してしまうような穴が出来ている場合、
ホワイトニング薬剤が神経に触れることによって激痛を伴うことがあります。
ホワイトニング治療をする前に虫歯の治療を済ませておくことの理想なのですが、
痛みが出ないように虫歯部分をガードしながら施術するといった方法もあります。
また、歯ぎしりをしている人もホワイトニングによる痛みが出やすくなります。
これは、歯ぎしりをすることで歯の先端が割れてしまい、歯にヒビが入っていることが原因です。
歯の先端が割れてしまうと、象牙質が剥き出しの状態になっているため、
ホワイトニング薬剤が神経に浸透しやすくなるため、痛みが出てしまうのです。
このような場合、痛みが出ないように割れている部位をガードして施術する方法もあります。

歯を白くする歯磨き粉のランキングならこちらのサイトを参考にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です