医療レーザーによるしみ治療と健康保険について

美容目的の整形手術には、健康保険が適用されないことは広く知られています。
医療レーザーによるしみ治療は果たして、健康保険は使うことができるのでしょうか。
結論から言うと、しみ治療で健康保険は使うことは可能です。
健康保険が使えるしみ治療は、複数のしみ治療のうちのごく一部しかないと言われています。
病院で行われている肌のしみ治療には種類があり、大きく分けると3つの方法に分かれます。
内服薬と外用薬、そして、レーザーをしみのある部位に照射して色素を破壊するというものです。
この中で、健康保険を使ってしみの治療ができるやり方としては、薬を飲む方法と、レーザーを使う方法です。
しかし、さらに細かく見ていくと、医療レーザーも場合は一部の治療においてのみ適用になるます。
一部の治療とは、厚生労働省が許可しているかどうかという点と、シミなのかあざなのかという点です。
健康保険が適用されるしみ治療を受けるには、厚生労働省が許可している医療レーザー機器を使っている必要があります。
現在、多くの美容レーザー機器が出回っていますが、厚生労働省が許可しているレーザー機器は、ほんの一部にすぎません。
保険を使って治療できるしみは限られており、皮膚に傷を負った時にしみが残っている時や、太田母斑のあざがある時になります。

ケノンの美顔器について詳しい情報ならコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です