通夜の準備ですべきこと

通夜は故人が亡くなってから間もないうちに執り行われます。
喪主の精神的ショックが大きいかもしれませんが、参列者を迎えるための準備をしっかりとしておかなければなりません。
通夜をする場合、葬儀業者がサポートしてくれますが、業者からの提案を鵜呑みにするだけではなく、
主体的に決めていくようにしましょう。
通夜の準備の中で、まず重要なのは会場を決めることです。
会場の主な選択肢としては、自宅や葬儀業者の施設、自治体といった施設となるでしょう。
喪主の負担が最も抑えられるのが、葬儀業者の施設での通夜と言えるでしょう。
その理由は棺や祭壇を置く場所などが予め決まっているからです。
自宅で行う場合は、スペースを確保するために家具の移動をする必要があります。
そのため、設営にそれなりの時間がかかります。
会場の準備と並行して、通夜振る舞いと呼ばれる食事や会葬返礼品の準備も行います。
その場合、故人が好きだったものなどを準備する場合は早めに準備を行う必要があります。

家族葬が安いのはコチラのページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です