クリーニングとホワイトニングの違い

歯のクリーニングは、歯のお掃除のことであち、原則的として保険の範囲内で行うことが出来ます。
ホワイトニングは、いわゆる歯の漂白のことで、保険の適用外となり、費用は自費となります。
虫歯や歯周病等の原因である歯石や歯垢を取り除く作業のことを、クリーニングと呼びます。
クリーニングは、超音波スケーラーという振動で汚れを落とす機械を使って、熟練の歯科医師、歯科衛生士が行います。
部分的で簡単なクリーニングであれば1日で完了することがありますが、通常は数回に分けて行う場合が多いようです。
一方、歯そのものの色を白くする作業をホワイトニングといいますが、自宅で行うものと歯科医院で行うものがあります。
歯のホワイトニングは、消毒薬と同じ成分である過酸化水素を使って、歯に染み込んだ有機性の着色成分を分解していきます。
ホワイトニングの後は、一時的に冷たいものや温かいものが沁みやすくなったり、
着色しやすくなりますが、時間が経過するにつれてその症状も緩和されていきます。

ホワイトニングの歯磨き粉が今人気な理由はコチラ!